「【大牟田市最大の公園】大型遊具に、水遊びも楽しい、そして、とにかく広い『諏訪公園』(福岡県大牟田市)で遊ぶ」くまとR子の子育て日記(570日目)

子育て日記
スポンサーリンク
スポンサーリンク
コロナ禍、熊本の外に出るのって3年ぶりくらいじゃない?
久しぶりねー。
☆☆☆☆☆
2022年、くま(52歳)とR子(46歳)の子育て日記です。
第一子むーちゃん(♀)は8歳、そして、第二子たろー(♂)は5歳になります。
高齢出産、高齢子育て・・・今の日本はそういう時代です(たぶん)。
☆☆☆☆☆
パンデミックが完全におさまったわけではありませんが、全国的に「まん延防止」等が解除されたお天気の良い週末です。久しぶりに県外に出てみました。大牟田の『諏訪公園』(福岡県大牟田市)へ。
☆☆☆☆☆
スポンサーリンク

【福岡県】大牟田市内最大の公園『諏訪公園』(福岡県大牟田市)へ

とても広い公園。今回は大型遊具などがある「レクリエーションゾーン」と隣接する「文化交流ゾーン」で遊んだ。
近くに、「イオンモール大牟田」もあるみたいね。
たろー、ゆうぐがすごいよ! あそぼー!
ねーねー、まってー!

とても広い公園です。今回は「レクリエーションゾーン」近くの駐車場にクルマを停め、大型遊具などがある「レクリエーションゾーン」と隣接する「文化交流ゾーン」で遊びました。

天気のよい日曜日の10時過ぎです。「レクリエーションゾーン」近くの駐車場はほぼ満車でしたが、入れ替わりで数台分は常に空いている感じでした。ちなみに、公園内に駐車場は複数あって、「レクリエーションゾーン」近くの駐車場が満車の場合は、「文化交流ゾーン」側の大きな駐車場に停めても、さほど遠くないのでストレスなさそうです。

道路を挟んで向こう側が、運動広場やテニスコートなどがある「スポーツ休養ゾーン」です。

駐車場にクルマを停めると、子どもたちは矢のように大型遊具の方へ走り去っていきました。い、いない…。

大型遊具、運動広場、散策路など備えた市内最大の公園

約22ha(ヘクタール)の広大な敷地を持つ総合自然公園を、親子でピクニック感覚で楽しめる無料の大型遊具を設置したレクリエーションゾーン、健康増進・運動不足解消に最適のスポーツ休養ゾーン、様々なイベントが行われる文化交流ゾーンの3つにわけて、それぞれの”癒し”に合わせた幅広い目的に対応しています。夏になると園内の小川は水浴びをする子ども達で賑います。

出典:www.city.omuta.lg.jp

スポンサーリンク

【桜も見ごろ】大型遊具に、水遊びも楽しい、そして、とにかく広い『諏訪公園』(福岡県大牟田市)で遊ぶ

熊本市から1時間以上かけて遊びにくる甲斐は十分あると思う。こーいう、大型遊具と水遊び、どちらも楽しめる公園はいいよね。
まだ4月だから、水遊びはちょっと早いけどね。水遊びしている子もいるね。
むーちゃんもみずあそび、したかったー!

※今回は水遊びを止めさせましたが、大型遊具と広場でサッカーをやって十分楽しめたと思います。

たろーはパパとたたかいごっこがたのしかった!

駐車場を飛び出したおサルさん、ここにいました。

大型遊具のまわりで水遊びもできます。もちろん大型遊具で遊ぶだけで十分楽しめます。

「OMUTA SUWA PARK」の文字と、これは大牟田市のゆるキャラか???

もちろんブランコもあります。園内の桜も見ごろです。

ターザン遊具もあります。

小さい子向けのローラー滑り台やコンビネーション遊具、砂場もあります。

しばらく遊具で遊んだ後は、周辺を冒険してみることにします。

こちら「自然観察の池」。サッカーボールを池に落とさないでね…。ここの池は深いところで3メートルあると注意書きがありました。

「文化交流ゾーン」のエリアにやってきました。こちらは「ふれあいの池」。

「郷土の丘」でモニュメントなどを見ながらちょっと休憩。

「三池の伝説」だそうです。

展望台があったのでとりあえず登ります。

こちらのエリアもなかなか広いです。イベント広場でしばらくサッカーをして帰ることにしましょう。※展望台からの眺望です。

公園で遊んだ後は、高専ダゴへ。
わたし初めてー。