【NYダウ日記(2022年10月3日-7日)】10月入り週前半で大きく上昇するも雇用統計で反落、来週CPI【ゆるゆる投機的行動228】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年10月3日-7日トレード日記だよ。一週間で俯瞰すると、陽線なんだな。
雇用統計で大きく下げましたが、週前半の上昇分が勝ったようです。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、トレードは、IG証券ノックアウト・オプションと指数CFD取引口座を使いわけている。基本デイトレードだけど、ノックアウト・オプションはより短い時間でのトレードって感じ?
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年9月26日-30日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年10月3日-7日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【10/3(月)】ISM製造業が予想下回りインフレや利上げ警戒和らぐ、米株7月以来の大幅高(変動幅約1073ドル)【損益:120pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

よし、週の始まり、10月のスタートは上手くいった。米時間までに利益確保。しかし米時間からの上昇が取れたらもっとよかったのに…。で、なんで上がってるの?
23時に発表されたISM製造業が市場予想を下回り、インフレや利上げへの警戒が和らぎました。米株は7月以来の大幅高で10月が始まりました。

スポンサーリンク

【10/4(火)】世界的な金利上昇一服の流れを受け、ダウ大幅続伸(変動幅約902ドル)【損益:120pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

金曜日から3連勝、この調子で勝ち癖をつけていきたい。しかし、米時間の上昇まで取れたらもっとよかったのに。課題。
世界的な金利上昇一服の流れを受けて、ダウは大幅続伸です。

スポンサーリンク

【10/5(水)】ISM非製造業小幅鈍化で上昇局面も、米株3日ぶりに反落(変動幅約575ドル)【損益:90pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

なんとか4連勝だが、最後に危ないギャンブルトレード。要警戒。これまでもギャンブルトレードが上手くいったあとに調子崩すことも多かった。むしろトレードを1日休んでもいいくらい。どうする?
米株は3日ぶりに反落です。てゆーか、日本・欧州時間にじり下げ、ISM非製造業が小幅鈍化などで米時間は上昇しましたが、結果的に反落、下げ渋りでした。

スポンサーリンク

【10/6(木)】雇用統計待ち、方向感ないがダウ続落(変動幅約580ドル)【損益:30pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

一時マイナスが膨らんだがプラ転、しかし米時間にまたマイナス、その後またプラ転し微益で終了。とにかく勝ち癖、負けてないので良しとする。5連勝。
雇用統計待ちです。この日は複数のFRB高官タカ発言で金利上昇、米株調整しています。引き続き方向感ありませんが、ダウ続落です。

↓クック

↓エバンス

↓ウォラー

スポンサーリンク

【10/7(金)】雇用統計良し、積極利上げの継続観測強まり、米株大きく続落(変動幅約923ドル)【損益:-310pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

コツコツドッカっーン! さよなら。
…(無言)。注目の雇用統計良し。しっかりとした内容の雇用統計を受け、FRB積極利上げの継続観測が強まりました。米株は大きく続落です。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】10月入り、週前半で大きく上昇するも雇用統計で反落(変動幅約1869ドル)【2022年10月3日-7日】

2022年10月3日-7日の一週間(15分足チャート)

TradingView

わかったぞ!負けた後にロットを上げたりして無理なトレードで絶対取り戻そうとするのがよくない!負けることもあって当然なんだから、期待値の高いトレードを目指し、その時々の適正なロットで淡々とトレードすべきなんだよ。いやいや、そんなこと当然これまでもわかっていたつもりだったけど、身に染みてなかったということだな。今回こそは身に染みたはず!
さて(苦笑)…10月に入り、今週はISM製造業指数の悪化などもあって、インフレや利上げ警戒和らいで米株は上昇を続けていましたが、木曜日から雇用統計を警戒して反落し、そのまま良好な雇用統計で再び利上げ警戒となり米株は下落しました。しかしながら、一週間で見ると上髭ですが陽線となっています。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】12日(水)のCPI(米消費者物価指数)が注目【2022年10月10日-14日】

2018年1月~(週足チャート)

TradingView

どう上手に負けるか? それに尽きるな。諦めん!
週明け月曜日は日本がスポーツの日で休場、アメリもColumbus Dayで債券休場(株は通常取引)です。来週は、なんといっても、12日(水)のCPI(米消費者物価指数)が注目ですね。

最後に…今年発売のオススメ本と、ELE(@eleconomics)氏を紹介しておく。
ELE(@eleconomics)さんがゴゴジャンでやってる投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですね。井口さんの本、鎌田さんの本、トイプーの本、一緒に要チェックです!

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

●井口 喜雄:トトレイダーズ証券 取締役(CSO)現役為替ディーラー。認定テクニカルアナリスト。1998年より為替ディーラーとして活躍し、ドル円やユーロドルなどのメジャー通貨を主戦場に20年以上ディーリング業務を行う。ファンダメンタルズ分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があり、短期からスイングまで鋭い視点でマーケットを展望する。日経CNBCやロイター、雑誌等へのメディア出演多数。