第961回 toto(9/30,10/1)のオカルト予想 「鹿島独走!広島と札幌の順位がついに入れ替わる?名古屋と岐阜は打ち合いか?」

Jリーグクラブライセンス判定が発表されたね
J2からの降格、J3からの昇格に影響がでる可能性がある
2017年9月末現在、J3は沼津2位、秋田3位ですが・・・
ライセンスがなければ、昇格することができません
その場合、J2で降格するチームが減ることになります

名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんをフォローすること(嘘)
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索

反省会~第960回 toto(9/23,24)

今日も反省会からスタートしよう
第960回 toto(9/23,24)は、当たりが2つだけで、ヒドい予想結果に見えるだろう・・・
だがしかし、僕の中では、今回の予想の方向は間違っていないという認識なんだよね
そうなんですか(笑)
第960回 toto(9/23,24)の結果です
1等なし、2等約320万円、3等約28万円と、かなり波乱でした

出典:www.toto-dream.com

前回の予想→第960回 toto(9/23,24)のオカルト予想 「鹿島とG大阪の試合はアウェイチームが勝つことが多い!新潟も久しぶりに勝利か?」

鹿島が憎らしいくらいに結果を出してるね
僕もこの試合、BS中継を見てたけど、G大阪が勝つチャンスも十分あった
結局、引き分けかと思ったら、最後に植田が決勝点を決めたんだよ
予想は外れたけど、僕の実家に近い大津高校出身の植田の活躍だから許してやるか(笑)
植田選手は首位チームで堂々のレギュラー、結果を出しています
熊本出身の若手が活躍して頼もしいですね

その他、予想のポイントにあげた新潟も、勝利までもうひと頑張りだったけど引き分け
全く逆をとられたは、甲府、仙台、讃岐の勝利・・・これは反省だね、以上!
また繰越金発生です、次頑張りましょう

1分でわかる!リーグ戦前節までの状況まとめ

では、J1の現状から
ちなみに、今週は水曜日に浦和だけ試合
ACL準決勝第1戦で上海上港とのアウェイ戦
浦和レッズ以外のチームは1週間のインターバルです

出典:www.jleague.jp

そろそろ頭3つ抜け出そうとする鹿島(勝ち点61)を、2位川崎(53)と3位柏(53)が追う展開
鹿島勝負強いですね
その下は、4位C大阪(48)から6位磐田(46)が一進一退、7位浦和(41)と8位G大阪(40)もそこに割り込んでいきたいところだね
そして、注目の降格争いです
18位新潟(12)は最近奮闘しているけどちょっと厳しいね
そして、15位広島(26)が復調してきたことで、14位札幌(27)、13位清水(28)まで降格争いに巻き込まれつつある
17位大宮(21)もなんとか最後までくらいついていきたいところですね・・・

出典:www.jleague.jp

J2は残り8試合、完全に頭3つ抜けた湘南は、昇格&優勝の可能性が日に日に高くなってきた
自動昇格圏の2位争いは、2位長崎(62)、3位福岡(61)ですね
4位横浜(56)、5位名古屋(56)、6位松本(55)くらいまでは、まだまだ自動昇格圏の2位に割って入る可能性はあるけどね
その下、プレーオフ圏に滑り込めそうなのは、7位徳島(53)、8位大分(52)、9位V東京(51)あたりまでですか?
う~ん、10位岡山(49)、11位水戸(48)、12位千葉(47)くらいまで可能性はありますか?
そのへんのチームは連勝していかないと厳しいよね
でも、意外と水戸あたりが粘ってじわじわプレーオフ圏内に滑りこんだりして(笑)
水戸応援してますよね(笑)
次は降格争いです
群馬はまた大敗しちゃったね・・・
降格争いは21位山口(28)がどれだけ奮闘するか?
18位讃岐(34)、19位金沢(34)、20位熊本(33)は巻き込まれないように、早く抜け出したいところだね

そして、実は今年のJリーグライセンスの交付状況とJ3の順位から、現在、J3で2位沼津、または、3位秋田がこのまま2位以内に入った場合は、J2降格が群馬のみという可能性もあるということですね
J3の順位は今どうだっけ?
こちらです

出典:www.jleague.jp

2位沼津(45)、3位秋田(44)に続くのが、4位富山(40)、5位長野(38)、6位鹿児島(38)か・・・
J3は残り10試合または9試合ですので、まだまだ4位以下が上がってくる可能性はありますね
特に、初めてJ2ライセンスを交付された鹿児島や琉球は、サポーターも応援するテンションがこれから上がるだろう
チームもさらにエンジンかかるかもよ?

第961回 toto(9/30,10/1)のオカルト予想

オカルト予想とは・・・

非科学的なものを根拠に、常識にとらわれない自由な視座から、勝敗を分析して行う予想のこと。

くまちゃんのオカルト予想のルールと手順

1. 300円(3口)で予想する
2. 対象試合13試合のうち1試合は勝ち・分け・負けのすべてを買う
※全部買いを「ジョーカー」と呼ぶ
3. 投票率をベースにし、その中から波乱(または引き分け)のカードを数試合選ぶという手順で行う

Yahoo! totoの購入画面

この支持率の偏り見てみ・・・
ホームチームにもかかわらず、アウェイに支持が集まっているカードが鳥栖vs鹿島、新潟vs神戸、F東京vs磐田、仙台vs浦和、讃岐vs神戸、水戸vs松本、岐阜vs名古屋と7試合もある!
この中で少なくとも3試合くらいは引き分け、または支持の低いチームの勝利がくると思うよ、また波乱くるぞ・・・
それでも、鹿島は勝利と予想しましたね
2試合連続、鹿島の勝利以外に賭けてハズしたからね(笑)
終盤戦に向け、鹿島はやっぱり勝負強いよ

第961回 toto(9/30,10/1)オカルト予想のポイント~鹿島独走!広島と札幌の順位がついに入れ替わる?名古屋と岐阜は打ち合いか?

アウェイに支持が集まっているカード
鳥栖vs鹿島、新潟vs神戸、F東京vs磐田、仙台vs浦和、讃岐vs神戸、水戸vs松本、岐阜vs名古屋
とりあえず、点の取り合いになりそうな岐阜vs名古屋はジョーカー(全部買い)とする
その他の注目はこちらです
注目の試合はこちら!

新潟vs神戸→[予想] 新潟勝利

新潟はホームで神戸に8勝5分1敗と相性が断然良い。ついに久しぶりの勝利か。

柏vs甲府→[予想] 柏勝利【鉄板】

柏はホームで甲府に5勝2分0敗と負け知らず。鹿島を追う柏は負けられない。嫌なトラウマ(※)もあるのでホームで甲府には負けられない
※2005年J1・J2入れ替え戦 第2戦、柏はホームで甲府に大敗し降格するという悲劇があった・・・

出典:www.jleague.jp

広島vs札幌→[予想] 広島勝利【鉄板】

広島が勝てば立場が逆転する。広島はホームで5勝1分0敗と札幌に負けたことがない。

仙台vs浦和→[予想] 仙台勝利

仙台は前回対戦(4/7)0-7の屈辱を忘れてはならない。仙台の勝利と予想する。

讃岐vs徳島→[予想] 徳島勝利

まだ実績は少ないが、讃岐は0勝3分2敗とまだ徳島に勝ったことがない。

水戸vs松本→[予想] 水戸勝利

水戸は松本に1勝2分6敗だが、前回対戦(6/11)で初めて勝利した。再現したい。

岐阜vs名古屋→[予想] 全部買い

お互いの現状、チーム戦術から、点の取り合いは避けられない?全部買いで様子見する。

参考:www.toto-dream.com※データは2004年以降のリーグ戦が対象です

柏と広島の勝利を、久しぶりに【鉄板】と断言してみた
柏は甲府に対して、因縁があるんですね・・・
さらに因縁あるよ
甲府の吉田達磨監督は、指導者として長年柏に所属し、監督も1年やっている
そのへんが引っかかるといえば引っかかるけど、思い切って鉄板と断言してみた
広島も札幌に勝てばさらに降格圏から遠ざかることができますね
どちらのチームも気合が入ると思うけど、ホームの広島に賭けるよ
さて!?

【話題】ロアッソ熊本と池谷友良監督

地元ロアッソ熊本について
2017年6月、清川浩行監督の退任により、代表取締役社長を辞任して池谷友良監督が就任している状況です
これまで僕は、やれミッシャに来てほしいとか、熊本出身の森山佳郎がいいとか、軽口を叩いてきた
池谷監督を暫定監督扱いしてきました(笑)
いやいやそんなことないって・・・まあ、過去に一度そういうこともあったから、今回も池谷監督でなんとかJ2残留した後は、また社長復帰で新しい監督という見方をしていたけど、そうじゃないんじゃないかって、今更思えてきた
代表取締役社長を辞任しての監督復帰ですからね
万が一J2から降格となれば、シーズン前は代表取締役社長であり、10年以上熊本をここまで引っ張ってきてくれた池谷氏でも、この地を去る可能性もないとは言えません・・・
タンクマ(タウン情報クマモト)に掲載されていたつい最近のインタビュー記事を読んだんだよね
え~と(検索中)・・・2017年9月号のtankuma interview「ロアッソ熊本監督 池谷友良」ですね

出典:www.tankuma.com

何にもないところから、ひとつずつ積み上げて、今こうしてロアッソ熊本があるのは、そのまま池谷友良監督の10数年の足跡とまったく同じなんだよね
池谷友良監督は、2005年に来熊(らいゆう)です
その積み重ねってやっぱり大きいよね
チームの財産だよね
そうですね
そう考えると、僕の中でこれからロアッソ熊本の進むべき道が見えてきた
今の池谷監督は、かつて監督だった頃より、チーム運営や会社経営を経て、監督としての経験値も上がったニュー池谷監督なんだよ
だから・・・今年J2に無事に残留することができたら、引き続き来シーズンも池谷監督が指揮を執って、そして、監督とともにJ1に昇格することが熊本にとって最高のシナリオではないだろうか?
別に絶対来年とは言わないよ
再来年でも、せめてその次の年くらいには・・・(笑)
もしそれが実現するなら素晴らしいことです
毎試合応援に行っているサポーターの皆さんは、とっくにそのつもりで応援しているかもよ?
そういう人も多いと思いますよ
来期の事はわからないけど、今シーズン残り試合はそのつもりで、池谷ロアッソを応援するよ!
応援しましょう!
でも、熊本の試合も、toto予想は主観を交えず、客観的にね!(笑)
大丈夫ですか~?(笑)
池谷友良(いけや ともよし) 監督

【生年月日】1962年6月17日
【出身】静岡県浜松市
【サッカー歴】浜名高校~中央大学~日立製作所(現 柏レイソル)
【経歴】
1992年~1995年7月 日立製作所/柏レイソル サテライトコーチ
1995年8月~1996年 柏レイソル ヘッドコーチ
1997年~2001年 柏レイソル コーチ
2002年1月~2002年7月 柏レイソル ヘッドコーチ
2002年8月~2002年12月 柏レイソル 監督
2003年 柏レイソル ユーススクールマスター
2003年3月~2003年12月 U-15日本代表コーチ
2004年1月~2004年7月 柏レイソル 監督
2005年~2008年12月 ロッソ熊本/ロアッソ熊本 監督
2008年8月~2012年3月 ロアッソ熊本 ゼネラルマネージャー(GM)
2009年5月~2012年2月 株式会社アスリートクラブ熊本 取締役
2012年3月~2013年7月 株式会社アスリートクラブ熊本 代表取締役社長
2013年7月~2013年12月 ロアッソ熊本 監督
2014年~2016年6月 株式会社アスリートクラブ熊本 代表取締役社長
2017年6月~ ロアッソ熊本 監督

出典:roasso-k.com

スポンサーリンク
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする