【NYダウ日記(2022年2月28日-3月4日)】来週も引き続きウクライナ情勢のヘッドラインには注意しつつ、10日(木)CPIが注目【ゆるゆる投機的行動193】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年2月28日-3月4日のトレード日記だよ。ったく、原発にはビビったぞ…。
ウクライナ情勢は、まだまだ安心できません…。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、一年ほどIG証券ノックアウト・オプションをメインでトレードしていた。しかし、無駄な損切りが増えていたので、メイントレード口座を一般的な指数CFD取引口座に変更する。これからは指数CFD取引口座で低ロットのデイトレードからスウィングトレードをやりつつ、チャンスのとき、ボラティリティが大きいときのギャンブルトレードにIG証券ノックアウト・オプションを使いたいと思う。とにかく損失を減らすことが目的。
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年2月21日-25日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年2月28日-3月4日)の予定。

↓今週の予想

出典:twitter.com

スポンサーリンク

【2/28(月)】週明けに大きくリスクオフに傾くも、結局、米株価指数は大幅に戻す展開(変動幅約700ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

先週末からのダウショートが…(泣)。
週明けに大きくリスクオフに傾くも、結局、米株価指数は大幅に戻す展開となりました。ナスはプラ転です。

スポンサーリンク

【3/1(火)】ウクライナ危機巡る不安で、米国株式市場大幅安(変動幅約1000ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

ダウやっと下がってくれたが、ショート含み損のまま。もう少し下、頼む!
お祈りトレードに戻ってませんか…?

スポンサーリンク

【3/2(水)】パウエル議会証言は3月0.25%利上げ支持明言、ウクライナ停戦交渉再開の可能性で、ダウ3日ぶり反発(変動幅約850ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

くそ。先週からの含み損ショート、撤退目標まで下がる前に上がっちゃった。どうしよ?
切るに切れない状況ですか…。パウエルFRB議長の議会証言は3月0.25%利上げ支持明言、また今晩にもウクライナ停戦交渉が再開される可能性があると報じられたことも投資家心理の改善に寄与したようです。

パウエルプットとは…?

相場下落時にパウエルFRB議長が自らの発言等を通じて市場支援に乗り出すこと。金融市場が値下がりした場合に損失を限定する「プット・オプション」になぞらえた造語。

出典:www.tr.mufg.jp

※「O/N」(オーバーナイト)

ちょっと気になったので調べてみた。
時おりみられる、米市場終了間際(日本時間午前3時以降)の急騰についてです。

スポンサーリンク

【3/3(木)】不安定なウクライナ情勢によるWTI原油上昇で売り優勢、ダウ反落(変動幅約550ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

下がってくれたがまだまだ含み損状態。今週は方向感ないね。ショートを持ったこのまま、しばらく一喜一憂してみる。
前日の大幅高から一転、不安定なウクライナ情勢によるWTI原油上昇で売り優勢で、ダウ反落です。

スポンサーリンク

【3/4(金)】ロシアが原発を攻撃?ウクライナ危機が堅調な雇用統計を相殺(変動幅約650ドル)【損益:???pips】

※画像をクリックすると大きな画像が閲覧できます。なお、チャート上に記した「日付と価格範囲」の四角い囲み(青はロングで赤はショート)は、後付けですが狙うべき場所の再確認です。

TradingView

原発攻撃、ビックリしたな…。下がって欲しいと願っていたが、こういうのはちょっと…。
ロシアのウクライナ原発攻撃でリスク回避となりました。雇用統計の結果は良かったのですが、ちょっとそれどころじゃない展開になりそうでした…。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】パウエル会見や雇用統計より、ウクライナ情勢のヘッドラインの影響がやや大きかったか?(変動幅約1060ドル)【2022年2月28日-3月4日】

2022年2月28日-3月4日の一週間(15分足チャート)

TradingView

今週は、あえて先週のチャートから二週間分を表示させて、この一週間を眺めてみよう。ボラはあったけど、先週の方が大きかった。34000ドルから33000ドル間でのレンジ相場にも見える。
ウクライナ危機が続くなか、パウエル会見や雇用統計もありました。激しい一週間の印象でしたが、あらためて俯瞰すると、先週の方が大きく動いていますね。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】来週も引き続きウクライナ情勢のヘッドラインには注意しつつ、10日(木)CPIが注目【2022年3月7日-11日】

2021年1月~(日足チャート)

TradingView

来週もまだ下目線だろう。
来週も引き続きウクライナ情勢のヘッドラインには注意ですが、10日(木)のCPIが注目イベントです。

最後に…投資判断に迷ったら、ELE(@day_select)氏を参考にしている。
投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですか。ほー。ふむふむ。

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

毎日ツイートを参考させていただいている、鎌田傳さんが本を出したな。これ役に立ちそう。
評判いいみたいですよ!