【NYダウ日記(2022年8月1日-5日)】ペロシ台湾訪問に一喜一憂、そして雇用統計(7月分)は文句なしで強い【ゆるゆる投機的行動217】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年8月1日-5日トレード日記だよ。また痛い負けをやってしまった…。
うーむ…(苦笑)。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、トレードは、IG証券ノックアウト・オプションと指数CFD取引口座を使いわけている。基本デイトレードだけど、ノックアウト・オプションはより短い時間でのトレードって感じ?
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年7月25日-29日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年8月1日-5日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【8/1(月)】上昇一服し小幅下落(変動幅約336ドル)【損益:50pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

勝つには勝ったが、利益が少ない割にトレード回数が多すぎるので反省。夏枯れの今、ムキになってトレードするのは危険だ。7月はラリーだったけど、8月はちょっと下方向のような気もしてきたなあ。それにしてもペロシ、気になる。
前週までの上昇が一服し、ダウ・ナスダックともに小幅に下落です。ISM製造業7月の景況感は市場予想を上回ったものの6月比で小幅鈍化し、インフレが和らぐ兆しも見せています。

スポンサーリンク

【8/2(火)】ペロシ訪台で地政学リスク、さらにFED高官のタカ派発言で金利再上昇&国債・株下落(変動幅約430ドル)【損益:150pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

ペロシの件もあって、この日は終日下目線で久しぶりにわかりやすいトレードができた。ただ台湾到着前後の急騰の場面がちょっと危なかったかな? それにしてもドル円が難しい。サブ口座で触っていたのだが、7月からのロングを損切りしてドテンショートした途端に戻すなんてムカつく。フーンだ!(怒)
すっかり主役となったアメリカのナンバースリー、ペロシ下院議長です。御年82歳というところもビックリですね。この日は地政学リスクとあわせ、FED高官のタカ派発言もあり、金利再上昇&国債・株下落です。

スポンサーリンク

【8/3(水)】ダウ3日ぶり反発、個別企業の好決算と堅調な経済指標、さらに原油安で(変動幅約536ドル)【損益:-530pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

先月も一度か二度あったが、またやらかした。7月の調整がまだまだ入るだろうと下目線だったが、まさか終日上がるとは…。もう今週のマイナスは確定だな(泣)。
ダウ3日ぶり反発です。個別企業の好決算と堅調な経済指標、さらに原油安が重なり、景気の底堅さとインフレ沈静化双方への期待が高まりました。

↓セントルイス連銀のブラード総裁

↓米リッチモンド地区連銀のバーキン総裁

↓米ミネアポリス地区連銀のカシュカリ総裁

↓米サンフランシスコ地区連銀のデイリー総裁


※FOMO(フォーモ)とは「fear of missing out」の略語で、直訳すると「取り残されることへの恐れ」

スポンサーリンク

【8/4(木)】ダウ反落、翌日に雇用統計を控え様子見、方向感に欠ける展開(変動幅約266ドル)【損益:マイナス320pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

大負けした次の日は危ないんだよ。負けを取り返そうとして、さらに傷口を広げてしまうという…よくあるパターン。しかも雇用統計をひかえ動きが小さいからついロットを大きくし過ぎた。天井ショート、底ロング、さらにまた天井ショートがキレイに決まって前日以上のマイナス。もう泣きたい。
二日連続マイナスは最近珍しいですね。むしろこんな日はトレードしない方がよかったかもしれません。なんとか立ち直りましょう(焦)。ダウ反落ですが、翌日に雇用統計の発表を控えた様子見姿勢などから、方向感に欠ける展開でした。

↓米クリーブランド地区連銀のメスター総裁

スポンサーリンク

【8/5(金)】米雇用統計は、雇用・平均時給とも市場予想を大きく上回る(変動幅約350ドル)【損益:0pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

今週のクライマックス雇用統計だが、達郎ライブに行くから今回はパス。それに水曜・木曜と失敗して、今週のトレードはもうおしまい。週末にしっかり反省! 

関連エントリー→【ツアー再開!】『山下達郎 PERFORMANCE 2022』熊本城ホールは無事終了、大分(8/7)、奈良(8/14)、東京・中野(8/19,20)の皆さん、ご安心ください!病み上がりの”たっつぁん”かなりハイテンションでした!【2022年8月5日(金)】

米雇用統計は雇用・平均時給とも市場予想を大きく上回りました。これで9月FOMCでの0.75%利上げ予想が高まりました。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】ペロシ台湾訪問に一喜一憂、そして雇用統計(7月分)は文句なしで強い(変動幅約590ドル)【2022年8月1日-5日】

2022年8月1日-5日の一週間(15分足チャート)

TradingView

個人的には水曜・木曜の失敗がすべて。僕のトレード、どうしてもまだギャンブル要素が抜けていない。大反省。
今週前半はペロシ下院議長の台湾訪問が話題でした。週後半は米雇用統計が強かったことが印象的でした。

週末はゆまぱんのツイートをよーく噛みしめて反省!
シンプルなトレードに徹しましょう。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】8/10(水)の7月分CPI(消費者物価指数)が注目【2022年8月8日-12日】

2018年1月~(週足チャート)

TradingView

7月は上昇したが、8月1週目は方向感ないもののやや下か? 夏枯れだな。もう8月プラ転させる自信がない。とりあえず来週はトレード休もうかな…。
8月はムリにトレードしない方がいいかも、です。今週の雇用統計(7月分)、そして来週8/10(水)のCPI(7月分)、8月末(8/25〜27)ジャクソンホールと注目イベントが続きます。

最後に…投資判断に迷ったら、ELE(@eleconomics)氏を参考にしている。
投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですか。ほー。ふむふむ。

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

そして、井口さんの本、鎌田さんの本、トイプーの本、一緒に要チェック!
井口さんの本は6月末に発売されたばかりです。

●井口 喜雄:トトレイダーズ証券 取締役(CSO)現役為替ディーラー。認定テクニカルアナリスト。1998年より為替ディーラーとして活躍し、ドル円やユーロドルなどのメジャー通貨を主戦場に20年以上ディーリング業務を行う。ファンダメンタルズ分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があり、短期からスイングまで鋭い視点でマーケットを展望する。日経CNBCやロイター、雑誌等へのメディア出演多数。