【NYダウ日記(2022年10月31日-11月4日)】今週はFOMCで大きく下落したものの雇用統計通過し半分戻し、来週から米冬時間・木曜CPI注目【ゆるゆる投機的行動232】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年10月31日-11月4日トレード日記だよ。FOMCで下げたが、雇用統計を通過し半分戻したな。
俯瞰すると、10月にかなり上昇した分、11月1週目は反動で少し下落しただけ?
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、トレードは、IG証券ノックアウト・オプションと指数CFD取引口座を使いわけている。基本デイトレードだけど、ノックアウト・オプションはより短い時間でのトレードって感じ?
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年10月24日-28日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年10月31日-11月4日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【10/31(月)】FOMC待ち、金曜日急上昇の反動で反落(変動幅約373ドル)【損益:マイナス68pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

週明け反落とはいえ、動きは小さいな。僕のトレードは、米時間にフワッとポジって失敗した。しかし、こういう動きのない日は慌てて取り戻そうとしないのが大事。絶対数日中に挽回できるはず。
FOMC待ちです。金曜日の急上昇の反動で反落と言っていいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

【11/1(火)】ダウ続落、JOLTS(求人労働異動調査)予想を上回る(変動幅約517ドル)【損益:68pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

僕のトレードは目線があっていなくて一時マイナスが膨らんだが、最後はなんとか帳尻をあわせることができた。ただ米時間に、ついつい一度だけギャンブルポジを取った点が大反省、今回のそのポジについては微益撤退だったけど、運が良ければ一気に爆益だが、一歩間違えば1か月分クラスの損失が発生してもおかしくない。危ない危ない。絶対にやっちゃダメ!
JOLTS(求人労働異動調査)が予想を上回り、日本・欧州時間と上昇していた米株指数も急落しました。ダウ続落です。ISMよりJOLTSに反応したようです。

スポンサーリンク

【11/2(水)】FOMCで乱高下、声明で「買い」パウエル会見で大きく「売り」、ダウ3日続落(変動幅約984ドル)【損益:マイナス5pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

僕のトレードは、一旦マイナスが増えるも取り戻して微損、FOMC前にトレードを終える。午前4時頃たまたま目が覚めて、FOMCで乱高下していたのに気づいたけど眺めただけ。今週は負けないし勝てないなあ。
今週最も注目されたFOMCです。米株指数は、FOMC声明がハトで「買い」、パウエル会見がタカで大きく「売り」となりました。ダウは3日続落です。FOMC後のパウエル議長会見を受けて、「利上げ停止時の金利水準は高い」「利下げ転換はかなり先」との見方が強まりました。金曜日の雇用統計も注目です。

スポンサーリンク

【11/3(木)】FOMC後に高まった高金利長期化への警戒感で、ダウ続落(変動幅約538ドル)【損益:マイナス???pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

とにかく負けた…。さよなら。
え?え? まあまあ、元気を出して(苦笑)。FOMC後に高まった高金利長期化への警戒感で、ダウ続落となりました。

スポンサーリンク

【11/4(金)】雇用統計は普通、FOMC後の急落に米株リバウンド、ドルは下げる(変動幅約756ドル)【損益:170pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

木曜日に大負けしたから、金曜日はトレードお休みするつもりだった。しかし、雇用統計を眺めていたら、動きがわかりやすそうな感じがしたので、ついつい触ってそれなりの利益が出てしまった。しかし、木曜日の反省はこの週末でしっかりしなければ。
米株上昇です。米雇用者は市場予想をやや上回りました。雇用統計は全体として強弱まじる内容で、株価は日中、不安定な動きでしたが、FOMC後からの急落でリバウンドもあったかもしれません。ドルも下がっていますねー。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】FOMCで大きく下落したものの、雇用統計通過し半分戻し(変動幅約1379ドル)【2022年10月31日-11月4日】

2022年10月31日-11月4日の一週間(15分足チャート)

TradingView

ドル円は下げたな。よしよし。しかし、メイン口座の米株指数トレードは今週木曜日の失敗で大きくマイナスを増やしてしまった。この失敗をぜひ価値ある反省材料としたい。これはきっと躍進への踏み台となるはず。
ぜひそうしてください(苦笑)。今週は、FOMCで大きく下落したものの、雇用統計通過して半分程度戻しています。ただ10月の上昇幅から見ると、今週は少し反落した程度でしょうか。11月はまだまだこれからです。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】米冬時間開始、8日(火)中間選挙に、10日(木)CPI(消費者物価指数)【2022年11月7日-11日】

2018年1月~(週足チャート)

TradingView

来週からはアメリカも冬時間。基本的に欧州時間までのトレードで利益を積み上げていきたいな。寝不足はいかん。とにかくCPIまではレンジという見方が多いので、適当なところで利確しながら回転させていきたい。
来週は10日(木)CPI(消費者物価指数)が注目ですが、アメリカ中間選挙もあります。何らかのサプライズには注意しましょう。

最後に…今年発売のオススメ本と、ELE(@eleconomics)氏を紹介しておく。
ELE(@eleconomics)さんがゴゴジャンでやってる投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですね。井口さんの本、鎌田さんの本、トイプーの本、一緒に要チェックです!

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

●井口 喜雄:トトレイダーズ証券 取締役(CSO)現役為替ディーラー。認定テクニカルアナリスト。1998年より為替ディーラーとして活躍し、ドル円やユーロドルなどのメジャー通貨を主戦場に20年以上ディーリング業務を行う。ファンダメンタルズ分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があり、短期からスイングまで鋭い視点でマーケットを展望する。日経CNBCやロイター、雑誌等へのメディア出演多数。