【NYダウ日記(2022年9月26日-30日)】英トリプル安から米株も下落、9月は月間でも「売り」【ゆるゆる投機的行動227】

投機
スポンサーリンク
スポンサーリンク
NYダウ(DJI, US30, USWallSt30)、2022年9月26日-30日トレード日記だよ。9月も終わったな。
9月は結局下げて終わることになりました。
名前:くま(♂)
プロフィール:高齢子育て中、毎日吞まずにはいられない
特技:奥さんから子どもたちを守ること
名前:カエル(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症
特技:インターネット超高速検索
ちなみに、トレードは、IG証券ノックアウト・オプションと指数CFD取引口座を使いわけている。基本デイトレードだけど、ノックアウト・オプションはより短い時間でのトレードって感じ?
まあ、それぞれの口座の特長を活かして、上手に使い分けることができたらいいですね。

↓先週末(2022年9月19日-23日)、相場はこんな感じで終わりました。

↓今週(2022年9月26日-30日)の予定。

↓今週の予想

スポンサーリンク

【9/26(月)】週明けも英トリプル安、米国債利回りも上昇しダウ5日続落(変動幅約509ドル)【損益:80pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

週明けはなんとかフツーに利益を得ることができた。てゆーか、割と早めに利益を出した後、減らして取り戻したりとか、バタバタしたけどね。しかし、こういう日はちゃんとポンドも触って勉強すべきだったな。まだまだ余裕なさすぎ。
イギリスは週明けもトリプル安(ポンド/英国債/株)です。米国債利回りも上昇し、ダウは5日続落です。

↓コリンズ

↓ボスティック

↓メスター

スポンサーリンク

【9/27(火)】ダウ6日続落も、ナスダック6日ぶり反発(変動幅約708ドル)【損益:マイナス250pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

負けた…。損小利大でトレードしようと心掛けているが、ついつい損が続くと冷静さを失ってしまう。また、ダメだったところを洗い出して再出発だ。
ダウは6日続落ですが、ナスダックは6日ぶりに反発です。

↓ブラード

↓カシュカリ

スポンサーリンク

【9/28(水)】米株ついに反発!英中銀の長期国債購入で「英金利低下→米金利低下→米ドル売り&米株買い戻し」(変動幅約000ドル)【損益:マイナス500pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

さらに負けた…。この日は欧州時間の終わり頃からはっきりと上昇トレンドが出て、しかも初動は取れたのに、その後反落を狙ってそのまま目線を変えることができなかった。ずっとロングでよかったに…。最近大負けする時は上昇にやられる。このパターン多いなあ、どうすればいい?
アップル株下落で米株さらに下落かとも思われましたが、英中銀の長期国債購入で「英金利低下→米金利低下→米ドル売り&米株買い戻し」です。米株は英購入報道のあった米時間の開始前からずっと上がりっぱなしになりました。

スポンサーリンク

【9/29(木)】BOE影響からの前日上昇はただのリリーフラリー、米株大幅反落(変動幅約731ドル)【損益:マイナス120pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

心機一転! …って、何度目かよって感じだが、今度こそ。とはいえ、まずは微損スタート。しかし、焦らず焦らず。慌てて取り戻そうとすることが一番悪い。
前日の上昇(BOEの影響)から一転、元に戻ってしまいました…。米株が大幅反落です。

↓メスター

↓ブラード

↓デイリー

スポンサーリンク

【9/30(金)】上下に激しく動いて下落、9月は月間でも下落(変動幅約777ドル)【損益:170pips】

※上はダウ5分足チャート、下は通貨強弱チャートです。上画像はクリックすると大きな画像で閲覧できます。チャート上に記した「日付と価格範囲」(四角い囲み青はロングで赤はショート)は、狙えばよかった場所の振り返りです。

TradingView

currency-strength.com

欧州時間の終わりまでに頑張って利益を確保。なんとか金曜日に勝って一週間を終えることができた。週を通すと負けだが…。
9月の最終日は上下に激しく動いて結局下落しました。9月は月間でも下落となったようです。

スポンサーリンク

【一週間の振り返り】英トリプル安から米株も下落、9月は月間でも「売り」(変動幅約1106ドル)【2022年9月26日-30日】

2022年9月26日-30日の一週間(15分足チャート)

TradingView

今週も負け。水曜日の英中銀の長期国債購入で米株も上昇した動きにヤラれたなあ…。9月の月間では、前半よかったけど後半崩れた。これで8月・9月と負け越し。10月こそ、頑張るぞ。
9月の米株は月間でも「売り」となりました。今週は水曜日に英中銀の長期国債購入で一旦上昇局面もありましたが、結局はイギリスからの混乱をきっかけに米株も売られた格好でしょうか。

スポンサーリンク

【来週どうなる?】シーズナルパターンで10月は…?【2022年10月3日-7日】

2018年1月~(週足チャート)

TradingView

10月もヤバい? でも中間選挙もあるし、普通ならこれから年末にかけては上昇だよね?
シーズナルパターンでは、9月末から10月上旬あたりが底になって年末に向けて上がって行くはずです。今年はどうなるでしょうか? 仮に一旦上昇しても、中間選挙の後が怖そうです…。

最後に…今年発売のオススメ本と、ELE(@eleconomics)氏を紹介しておく。
ELE(@eleconomics)さんがゴゴジャンでやってる投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート | GogoJungle」ですね。井口さんの本、鎌田さんの本、トイプーの本、一緒に要チェックです!

 | GogoJungle

関連エントリー→【ゴゴジャン】えれ氏の投資ナビ「ライントレード&ファンダメンタルズ分析によるデイリーレポート」を購入、これで爆益間違いなし!?【ゆるゆる投機的行動79】

●井口 喜雄:トトレイダーズ証券 取締役(CSO)現役為替ディーラー。認定テクニカルアナリスト。1998年より為替ディーラーとして活躍し、ドル円やユーロドルなどのメジャー通貨を主戦場に20年以上ディーリング業務を行う。ファンダメンタルズ分析に精通しているほか、テクニカルを利用した短期予測にも定評があり、短期からスイングまで鋭い視点でマーケットを展望する。日経CNBCやロイター、雑誌等へのメディア出演多数。