大人のジャケ買い!「コーネリアス、佐藤奈々子、ザ・ニッティー・グリッティー・ダート・バンド」 2017年6月5週目 発売

日曜日の新聞で一面広告を見て知った!
なんですか?
8/23(水)、桑田佳祐、ニューアルバム発売!
過ぎ行く季節とともに・・・
夏の終わりに、また切ないメロディーを届けてくれるのね
くー!いいね!

☆☆☆自己紹介ここから☆☆☆

名前:くまちゃん(♂)
プロフィール:高齢子育て中、飲酒は週末のみ
特技:奥さんのフォロー(嘘)
名前:カエルくん(♂)
プロフィール:ゆとり世代(さとり世代)、独身、潔癖症、シニカルな視点は世代のせい?
特技:インターネット超高速検索
名前:猫ちゃん(♀)
プロフィール:元オリーブ少女、独身(バツイチ?)、映画や音楽に詳しい、お酒とカラオケが好き
特技:暴言

☆☆☆自己紹介ここまで☆☆☆

「大人のジャケ買い!」では、その週新発売の、または、その週に再発売(リイシュー)されるCDアルバムの中から、ジャケ買いのような軽い“大人の”衝動、または単なる“大人の”気まぐれで、注目のジャケットを紹介するわよ!
今週はなんといっても、ついに、コーネリアスの新譜が出るぞ!

[NEW] Mellow Waves|CORNELIUS

「2017年最大の話題作」と言っても決して大げさではないだろう。Corneliusの新作『Mellow Waves』が遂に完成した。前作『SENSUOUS』の発表後、小山田圭吾はsalyu×salyuやMETAFIVE、『攻殻機動隊』や『デザインあ』など、様々なプロジェクトに関わってきたが、Cornelius名義のオリジナルアルバムは実に11年ぶり。近年創作のパートナーとなっている坂本慎太郎を作詞に迎えたリードトラック“あなたがいるなら”はすでに国を超えて話題となり、世界中のファンがアルバムの到着を待っている。

歌の比重が増え、トレモロによる揺らぎのある音像が支配する楽曲。時間の流れを描き、夢と現実を行き来するような世界観。銅版画家の中林忠良によるモノクロームのジャケット。語るべきポイントは無数にある。その解釈は聴き手それぞれに委ねようと思うが、『Mellow Waves』という作品が2017年という時代を体現していることは間違いないはずだ。

出典:www.cinra.net

小山田圭吾の歌が多そうというのが、今回のアルバムの期待感となっているね
コーネリアスさんはギタリストじゃないんですか?
歌を聴きたいファンも多いのに、カッコつけてたまにしか歌わないんだよ・・・
そーいう訳じゃねーだろ!

―そんなアルバムを象徴するのが、やはり先行シングルにもなった1曲目の“あなたがいるなら”かなと。

小山田:作ったのはちょうど『攻殻機動隊』のサントラをやってた頃で、坂本真綾さんが歌った“まだうごく”(2016年6月リリース)の歌録りをした日に、作詞をしてくれた坂本慎太郎くんも来てくれて、終わった後に飲みに行って。

その頃には何となくアルバムの曲も揃ってきて、トーンも見えてたから、坂本くんに歌詞を書いてほしいって話をしたら、「ブルースロックとか、ちょっとエモーショナルな感じも面白いんじゃない?」って言われて(笑)。でも言ってることは何となくわかるというか、最終的には「ラブバラードみたいなのもいいね」って話になって、それを何となく頭に残して作ったのが、“あなたがいるなら”。

―この曲のトレモロ感は1970年代のメロウグルーヴって感じもしますよね。

小山田:そうだね。エレピにかけると気持ちいいからね。ジャズファンクとかフュージョン、こってり系のソウルバラードみたいなイメージもあったかな。それで坂本くんにトラックを渡して、返ってきたらその時点で完璧だなって。この曲ができて、アルバムの完成が見えた感じがしました。

出典:www.cinra.net

今回は少しだけエモーショナルな小山田圭吾らしいぞ!


[NEW] Funny Walkin’|Nanaco(佐藤奈々子)

僕は佐藤奈々子の「ファニー・ウォーキン」が好きすぎて好きすぎて・・・
こちらでくまちゃんが思いの丈を語っています(笑)

土曜の夜の甘いささやき、佐藤奈々子とおかしな散歩
「サブタレニアン二人ぼっち」佐藤奈々子~土曜日の夜から、すきとおった朝が来るまで

このアルバム、何人にプレゼントしたかわからないよ
私も昔、もらった(笑)
さらに!ニューアルバムも制作中らしい!




[NEW] 永遠の絆|ザ・ニッティー・グリッティー・ダート・バンド

ニッティー・グリッティー・ダート・バンド
デビュー50周年 紙ジャケット/SHM-CDコレクション
2017.06.28 release

ジェフ・ハンナ (g, mandolin, vo)、ジミー・ファッデン (g, ds, harmonica, vo)、ジョン・マッキューエン(g, fiddle, banjo, mandolin, accordion)を中心に、1967年のレコード・デビューから現在まで50年もの長きにわたって活躍を続ける米西海岸フォーク~カントリー・ロックの雄=ニッティ・グリッティ・ダート・バンドが、1960~70年代に発表した10タイトルを一挙初紙ジャケ化!

出典:www.universal-music.co.jp

この人たちね・・・聴いたら絶対好きになりそうなのに、これまでちゃんと聴いていなかった
1960~70年代に発表した10タイトルを一挙初紙ジャケ化です
この機会にぜひ楽しみたいね!
まず一枚を選ぶとしたら、これかな・・・?
アメリカン・ミュージックの伝統を繋ぐセッションとして、ザ・バンドの「ラスト・ワルツ」か、ザ・ニッティー・グリッティー・ダート・バンドの「永遠の絆」か・・・といってもいいくらい?
マジか・・・即買いだ!

Nitty Gritty Dirt Band, Will The Circle Be Unbroken (50th Anniversary)



桑田佳祐、6年ぶり新アルバム『がらくた』2017年8月23日発売!

桑田佳祐 – ニューアルバム「がらくた」スペシャルトレーラー(波乗亭米祐が物申す!)

桑田佳祐「がらくた」収録曲

01. 過ぎ去りし日々(ゴーイング・ダウン)
02. 若い広場
03. 大河の一滴*
04. 簪 / かんざし
05. 愛のプレリュード*
06. 愛のささくれ~Nobody loves me
07. 君への手紙*
08. サイテーのワル
09. 百万本の赤い薔薇*
10. ほととぎす [杜鵑草]
11. オアシスと果樹園
12. ヨシ子さん*
13. Yin Yang(イヤン)*
14. あなたの夢を見ています*
15. 春まだ遠く
*はAlbum Versionを収録

出典:special.sas-fan.netnatalie.mu

すでに発表されている曲が大半だから、アルバムの雰囲気がだいたいわかるね
「*はAlbum Version」となっていますが、これらの曲がすでに発表されている曲ですね
6年前の『MUSICMAN』がちょうど病み上がりだったでしょ・・・あのアルバムが暗い闇の中に光が灯るようなアルバムだとしたら、今回のニューアルバムは同じ道を歩いていって、なんかぱっーと視界が開けてきたような明るいイメージ?
まだ聴いてないくせに、テキトーなこと言うなよ(笑
ばれたか(笑
でも、アルバムジャケットもひよこちゃんで、かわいく明るいイメージよね
ひよっこ!
これは・・・今年の紅白は、久々くるか?!





大人のジャケ買い! 2017年6月5週目 発売

では、今日はこのへんで・・・
その他、今週発売のアルバムはこちらです

王様・カブトムシ外伝ライブ・VOL.II 王様

ショウマンの悲劇 ニック・ロウ

コーロンチョ紀行 フィル・マンザネラ

RYO~アランフェス協奏曲 川崎燎

BURN DOWN STYLE “IRIE REGGAE” -DUB PLATE EDITION 2- BURN DOWN

50’s ROLL ラフィン・ノーズ

リトル・フィート・ファースト リトル・フィート

ゴースト・タウン ポコ

レイト・フォー・ザ・スカイ ジャクソン・ブラウン

subim 神はサイコロを振らない

シングルス・A’s&B’s ゾンビーズ

アンフィニッシュド・ビジネス ストレッチ

嗣永桃子 アイドル15周年記念アルバム ■ありがとう おとももち■ 嗣永桃子

AOR FLAVA -mellow green- ISEKI

昭和ガールズ ムードポップス<マイナスワン>コレクション オムニバス

ダ・カーポ45周年記念 日本のうた ファンタジー ダ・カーポ

赤い糸 河野圭佑

ぼくのそばにおいでよ+2 加藤和彦

BEAT EMOTION BOΦWY

FLY 清水翔太

僕は詩つくり 鳴海寛

ライヴ・アット・エッグマン+ メルティング・ポット FEAT.鳴海寛

とうようズ・チョイス・スペシャル オムニバス

ビューティフル・イヴニング~ライヴ・イン・ジャパン リタ・クーリッジ